2024paparstop

top

b-watchb-writeb-imabeb-paintb-pre2015

watch
image

297m

人物百相は江戸期の浮世絵人物画を選んで、より鮮やかに着色して紹介する。
 第368号は喜多川歌麿「逢身八契梅川忠兵衛の喜伴」画像クリックで拡大







ここをクリックして過去画像

hubutu

 

 

 

 

 

 

write

paint

254p

生物百様は散歩中に見かける草木・花を題材に、図鑑などを参考に着色して紹介する。
 第368号はカンパニュラ(風鈴草)「キキョウ科/ホタルブクロ属
葉はタンポポのように地面に張りつくように広がり、やがてその中心から花茎がまっすぐに伸びる」画像クリックで拡大




ここをクリックして過去画像

jigen

 

 

 

更新履歴 2024.6.223キイチ(中井)(204創作画) 6.20諺集に見るわが人生(280) 6.19幕染屋(江戸の職人186<えがく>) 6.18天菩比神(八百万神275<えがく>) 6.17潮干狩図部分(北斎157<えがく>) 6.15人物百相・生物百様368号 6.1時の風物詩6月 5.21字源(象形・形声・会意)205憲・206態・207集 

 

  kiji




2024.6.20 諺集に見るわが人生(280)
 今回は諺集(新明解故事ことわざ辞典:三省堂)「さ行」の「しから始めて、回顧していくことにする。また諺からイメージできるものについても記述する(「」の前後の句読点は省略)。

 「正直の頭(こうべ)に神宿る」正直者には必ず神のご加護があるという意味を持つが、これは「正直に生きていれば、必ず良いことがある」というたとえでもある。 神様は、誠実な心を持って正直に生きている者を常日頃から見守っていて、かならずそのご加護がある、という正直の大切さを表している。
(例文)正直の頭に神宿るもので、彼は欲のない人だが、成功することができた。
(類義語)正直者に神宿る/神は正直の頭に宿る/神明は正直の頭に宿る/誠は宝の集まりどころ/正直は一生の宝/正直は最良の策である/正直は一旦の依T古にあらざれどもついに日月の憐れみを被る

 「正直者が馬鹿を見る」ずる賢い者はうまく立ち回って得をするカヾ、正直な者は秩序や規則を守るために、かえって損をする。
(注釈)正しい事がなかなか通らない世の中の矛盾を批判した言葉。
(類義語)・偽りの頭に宿る神あり・正直は阿呆の異名・正直は一旦の依怙にあらざれどもついに日月の憐れみを被る・正直貧乏横着栄耀
(例文)正直者が馬鹿を見る世の中なんておかしいじゃないか、変えていくべきだと思う。
(補説)良い結果を出す人は効率良く要領良く頑張っている。
真面目が馬鹿を見るのではなく、馬鹿が馬鹿を見るのだ。。
正直者とお人好しとは違う。結局お人好しが馬鹿を見ることになる。

 「小事は大事(しょうじはだいじ)」些細な事が大事を引き起こす例は少なくない。小事だからといって物事をおろそかにしてはいけないという戒め。日々の小さな事柄にも注意を払い、慎重に扱うべきだという考えを示している。
(類義語)・小事を軽んずる勿なかれ・蟻ありの穴から堤も崩れる
(例文)気になることは後回しにしない方が良い。小事は大事だから、大ごとになる前に対処した方が楽だ。
つい小事は軽く扱われ、後で「あの時確りしておけば、こんな大事にならなくて済んだ」と悔やまれることは多々ある。 次回に続く。









◎URLの右端のCの頭に矢印のついた記号をクリックすると最新の情報に更新されます。
◎2022年までの記録はアイコン「過去のページ」をクリックしてご覧いただけます。

日常細事のボタンをクリックするとバックナンバーを見ることができます。日常細事はスマートフォンでもご覧になれます。
http://papars.net/2024pro/smartphone/mobile2024_pro.htmlスマートフォン用「画像借景」では画像をご覧いただけます。
http://papars.net/2024pro/smartphone/image2024pro.html
English newversion here

Copyright 2013 Papa's Pocket All Right Reserved.