saji2017pre


2022.8.2 諺集に見るわが人生(108)
 今回は諺集(新明解故事ことわざ辞典:三省堂)「か行」の「か」から始めて、回顧していくことにする。また諺からイメージできるものについても記述する(「」の前後の句読点は省略)。
 「借り着より洗い着」人に借りた美しい着物より、たとえ洗いざらしでも自分の着物を着るほうが着心地がよいということから。 人に頼って見栄を張るよりも、自分の力で質素に生活することが大切であるというたとえ。[類義]人の物より自分の物。人は誰でも身の丈に合った生活をすることが大切ということか。
 「画竜点睛」 物事を完成するために、最後に加える大切な仕上げのたとえ。また、物事の最も肝要なところのたとえ。文章や話などで肝心なところに手を入れて、全体をいっそう引き立てるたとえ。
 その由来は中国の故事成語で、「歴代名画記」に書かれている。 中国南北朝時代の梁の画家・張はお寺の壁に睛(ひとみ)のない二匹の竜の絵を描き、「睛を入れれば、たちまち竜が飛び去る」と言った。でも、人々からそんなのは妄言だと非難された張が、一匹の竜に睛を書き入れると竜は壁から抜け出して天に昇っていき、睛を入れない竜は残ったという。この言い伝えから、竜の睛を描き入れることが、物事を立派に完成させるための最後の仕上げの象徴とされ「画竜点睛」という言葉が生まれたと言われている。
 私などはこのコラムを書き始めてからかれこれ10年ぐらいになろうというのに、そんな技法は使い勝手が分からないままだ。
 「 画竜点睛を欠く」上記のことわざと対を成す「物事をりっぱに完成させるための、最後の仕上げを忘れること。また、全体を引き立たせる最も肝心なところが抜けていること」これなら年中経験している。
 「借りる八合済す一升(かりるはちごう なすいっしょう)」 米を8合借りたら、1升にして返すのが礼儀というものである。他人に物を借りたならば、かならずお礼の品物か利息を添えて返すのが、良識というものであることをいう。
 今風にたとえると「車を借りた時は洗車してガソリン満タンで返すのが礼儀である」と言い換えることができる。なお「済す」とは返済すること。 次回に続く。

2022.8.6 諺集に見るわが人生(109)
 今回は諺集(新明解故事ことわざ辞典:三省堂)「か行」の「か」から始めて、回顧していくことにする。また諺からイメージできるものについても記述する(「」の前後の句読点は省略)。
 「枯れ木に花」 いったん衰えたものが再び栄えたり、起こるはずのないことが起こったりすることのたとえ。 また、望んでも不可能なことのたとえ。 「枯れ木に花咲く」とも言う。もう一つ、「嘘や作り事で取り繕う」という意味を持ち合わせている。
 「類義」炒り豆に花が咲く。埋もれ木に花咲く。老い木に花咲く。職人の世界では匠と呼ばれる人はいくつになっても花を咲かせる技を持っている。羨ましい話だ。
 「枯れ木も山の賑わい」つまらないものでも、無いよりはましであるということ。また、役に立たない者でも、いないよりはいたほうがましだということのたとえ。何もない殺風景なはげ山よりも、たとえ枯れ木でもあれば山の趣を添えてくれ、風情を賑わしてくれるということから。自分のことを謙遜して言う言葉で、老人が若者に混じって何かをする際などに多く用いる。自分を謙遜して言う言葉なので、他人に対して使うのは失礼にあたる。
 「類義」蟻も軍勢。餓鬼も人数。枯れ木も森の賑わかし。枯れ木も山の飾り。歪み木も山の賑わい。こういう訳で年を取って枯れても員数に入れば、山の(集いの)賑わいになる。長い人生も捨てた物じゃない。
 「彼も一時、此れも一時(かれもいちじ、これもいちじ)」時とともに、世の中のことは移り変わっていくものである。だから、あの時はあの時、今は今で、あの時と今とを単純に比べることはできないということ。また、栄枯盛衰も一時限りであるということ。「彼」は、あの時の意。
出典 『孟子』孟子が斉を去って鄭に帰るとき、弟子から「先生は浮かない顔をしていますが、君子はどんなことがあっても天を恨んだり、人をとがめたりしないものだとおっしゃったじゃないですか」と言われ、答えた言葉から。
 時に関する孟子の感性は今の時代でも古びることなく輝いている。 次回に続く。

2022.8.9 諺集に見るわが人生(110)
 今回は諺集(新明解故事ことわざ辞典:三省堂)「か行」の「か」から始めて、回顧していくことにする。また諺からイメージできるものについても記述する(「」の前後の句読点は省略)。
 「彼も人なり我も人なり」同じ人間なのだから、他人にできて自分にできないことなどない、ということ。自分の奮起をうながす場合や、自分の権利を主張する場合などに用いることば。由来は八~九世紀、唐王朝の時代の文人、韓愈の文章の一節から。昔の人は、舜という聖人の話を聞くと、「彼も人なり、予(われ)も人なり(その人も私も同じ人間だ)」と考え、自分も舜のようになろうと朝晩、努力したものだ、と述べたところから。このことわざなどは時代を超えて今も、人間の本質は変わらないものだから、自分鼓舞するのによく使われる。
 「彼を知り己を知らば百戦して殆(あやう)からず」敵についても味方についても情勢をしっかり把握していれば、幾度戦っても敗れることはないということ。『孫子・謀攻』に「彼を知り己を知れば百戦殆からず。彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し(敵と味方の実情を熟知していれば、百回戦っても負けることはない。敵情を知らないで味方のことだけを知っているのでは、勝ったり負けたりして勝負がつかず、敵のことも味方のことも知らなければ必ず負ける)」とあるのに基づく。
「100回戦っても大丈夫」なのはあくまでも適切な準備ができているからで、それが戦うための条件だと言っている。相手の優位性について知るだけでなく、自分の弱点を知ることが重要という言葉。特にプロスポーツの世界のように実力が拮抗している場合に生きてくることわざ。
 「夏炉冬扇」夏の囲炉裏や冬の扇は、時期がはずれていて役に立たないことから。また、時宜を得ず役に立たない才能や言論のたとえ。
『論衡』に「益無き能を作し、補う無きの説を納るるは、夏を以て炉を進め、冬を以て扇を奏むるなり(役に立たない才能を振りかざし、役に立たない意見を君主に提出するのは、夏に囲炉裏をすすめ、冬に扇を差し出すことと同じだ)」とあるのに基づく。職場で働く人。あなたの上司にそんな人がいませんか。 次回に続く。